自己破産すると、いつまで借り入れができないの?

ブラックリストに載っている間は、クレジットカードを作ることができなくなりますし、借り入れやローンも一切組むことができません。 ブラックリストというのは、正確には「個人情報信用機関」に破産した情報が掲載されています。 これには、掲載期間があり、だいたい7年程度だと言われています。

この期間は、自己破産した本人の名義ではお金を借りることはできません。

借り入れというものは、本来返済する約束をした上に、信頼関係の元、貸付が行われます。 ですから、いかなる理由があったとしても、この7年という期間は縮めることができません。

とは言えブラックリストに載る期間というものは明確にされておらず、あくまで目安が7年ということですので、もしかすると7年経つ前に自己破産した記録が抹消されている可能性もあります。

一見すると、借り入れができなくなるということは、生活する上で大きな痛手となってしまうかもしれませんが、借り入れが制限されている期間は、借金が0になったことを活かし、今後の設計を建て直しを最優先に考えていきましょう。

借り入れは、もしも急にお金が必要になった時だけ・・・など、目的を明確にして安易に利用してはいけません。 お金を借りているのだという自覚の元、上手に活用していきましょう。



このページの先頭へ